【ふたてま舎】2023年カレンダー

【ふたてま舎】2023年カレンダー
¥1,650 SOLD OUT
触り心地のよい上質紙にリソグラフ印刷をした2023年カレンダーです。

古民家の柱や、土壁によく合う縦長のデザインです。
----
表紙(2022年12月)+12カ月分(2023年1月~12月):13ページ
仕様:幅 約95mm × 長さ 420mm
価格:1,650円(税金)+定形外郵便送料
※オンラインショップは黒上質紙のみ
※他の色は「小さなSHOP」のみでの販売となります
----

下部に日付と六曜が印刷されており、
上部の絵柄はふたてま舎ラッピングペーパー柄(リソグラフ印刷)となっております。

下部には日付と六曜が印刷されております。
(黒上質紙に、ホワイトとゴールドのインクで印刷しています。)

上部の絵柄は、ふたてま舎ラッピングペーパー柄が貼られています。どの柄も「内川の日常」を、ホノタムラがデザインしました。

1月│花壇(レッド)★
2月│きしむ音(ブルー)▼
3月│花壇(グリーン)☆
4月│洗濯物(ピンク)◆
5月│洗濯物(グリーン)◇
6月│階段(ゴールド)■
7月│きしむ音(グリーン)▽
8月│トンビ(ブルー)▲
9月│階段(グリーン)□
10月│生き物(ウミネコ or ネコ)◎
11月│手と足●
12月│トンビ(イエロー)△

****************
ふたてま舎ラッピングペーパー(Design:Hono Tamura)
****************
★☆発砲スチロール花壇(1月/3月)
内川べりは、たくさんの花壇で彩られています。もともとは魚が入っていたと思われる発泡スチロールのトロ箱が再利用されていることが多い、かわべの日常の一コマ。

▼▽軋む音(2月/7月)
静まりかえる内川の夜。墨汁のように黒々とした水面に停泊する漁船が、波にゆられて軋む音が心地よい、かわべの日常の一コマ。

◆◇洗濯物干ロード(4月/5月)
海沿いにはたくさんの物干台が並ぶ通りがあったり、川沿いを歩いているとはためく洗濯物を目にしたり。生活感漂う、かわべの日常の一コマ。

■□海沿いへの階段(6月/9月)
海に面した堤防沿いには、いろんな形の階段が。かなり年季の入ったものやもう使われなくなったものもあります。歴史感じる、かわべの日常の一コマ。

▲△トンビにご注意を(8月/12月)
美味しいものを頭上から狙っている、油断ならないヤツ。清々しい鳴き声とは裏腹に、頭をつつかれたり帽子を取られたりすることも。かわべの住人はいつもトンビに気を付けてます。

◎生き物(10月)
内川で出会えるウミネコやネコ。橋の欄干で、神社のいちばん日当たりのいい場所で…。気ままに過ごしている彼らをみると、こちらもほっこりします。

●手と足(11月)
ふたてま舎のキービジュアルは、作り出す「手」。ワールドリー・デザインのテーマは、歩きたずねる「足」。これらをあわせたデザインです。
Request restock notification

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「worldly-design.co.jp」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「worldly-design.co.jp」so that you can receive our e-mail

*Tax included.

*Limit of 2 per order.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fees and delivery method/s for this product are as follows.
Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

  • Nonstandard‐size Mail

    This shipping method cannot have the delivery status and guarantee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥250

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

触り心地のよい上質紙にリソグラフ印刷をした2023年カレンダーです。

古民家の柱や、土壁によく合う縦長のデザインです。
----
表紙(2022年12月)+12カ月分(2023年1月~12月):13ページ
仕様:幅 約95mm × 長さ 420mm
価格:1,650円(税金)+定形外郵便送料
※オンラインショップは黒上質紙のみ
※他の色は「小さなSHOP」のみでの販売となります
----

下部に日付と六曜が印刷されており、
上部の絵柄はふたてま舎ラッピングペーパー柄(リソグラフ印刷)となっております。

下部には日付と六曜が印刷されております。
(黒上質紙に、ホワイトとゴールドのインクで印刷しています。)

上部の絵柄は、ふたてま舎ラッピングペーパー柄が貼られています。どの柄も「内川の日常」を、ホノタムラがデザインしました。

1月│花壇(レッド)★
2月│きしむ音(ブルー)▼
3月│花壇(グリーン)☆
4月│洗濯物(ピンク)◆
5月│洗濯物(グリーン)◇
6月│階段(ゴールド)■
7月│きしむ音(グリーン)▽
8月│トンビ(ブルー)▲
9月│階段(グリーン)□
10月│生き物(ウミネコ or ネコ)◎
11月│手と足●
12月│トンビ(イエロー)△

****************
ふたてま舎ラッピングペーパー(Design:Hono Tamura)
****************
★☆発砲スチロール花壇(1月/3月)
内川べりは、たくさんの花壇で彩られています。もともとは魚が入っていたと思われる発泡スチロールのトロ箱が再利用されていることが多い、かわべの日常の一コマ。

▼▽軋む音(2月/7月)
静まりかえる内川の夜。墨汁のように黒々とした水面に停泊する漁船が、波にゆられて軋む音が心地よい、かわべの日常の一コマ。

◆◇洗濯物干ロード(4月/5月)
海沿いにはたくさんの物干台が並ぶ通りがあったり、川沿いを歩いているとはためく洗濯物を目にしたり。生活感漂う、かわべの日常の一コマ。

■□海沿いへの階段(6月/9月)
海に面した堤防沿いには、いろんな形の階段が。かなり年季の入ったものやもう使われなくなったものもあります。歴史感じる、かわべの日常の一コマ。

▲△トンビにご注意を(8月/12月)
美味しいものを頭上から狙っている、油断ならないヤツ。清々しい鳴き声とは裏腹に、頭をつつかれたり帽子を取られたりすることも。かわべの住人はいつもトンビに気を付けてます。

◎生き物(10月)
内川で出会えるウミネコやネコ。橋の欄干で、神社のいちばん日当たりのいい場所で…。気ままに過ごしている彼らをみると、こちらもほっこりします。

●手と足(11月)
ふたてま舎のキービジュアルは、作り出す「手」。ワールドリー・デザインのテーマは、歩きたずねる「足」。これらをあわせたデザインです。
Report